エンパワメントな日々

北海道小樽市の就労継続支援B型施設特定非営利活動法人エンパワメントステーションかむかむ

新年あけましておめでとうございます。

今年は、正月早々事業所の水道が凍結し、おまけに水道管が破裂してしまいました。今年はいつになく寒い年の明けです。それでも多くの方々の励ましや業者さんの紹介等アドバイスをいただきました。かむかむは本当に多くの方々に支えられて活動しているとの思…

コロナ禍のなかで

毎日毎日、何人の感染者がという言葉に慣れっこになってしまう自分がいて、そのことがとても怖い。非日常が日常化していく。 このことは既視感がある。東日本大震災の際の福島での原発事故だ。大変恐ろしいことが起こったという危機感が忘れ去られ いつの間…

2度目の冬がやってきた

メンバーさんと日々を過ごす毎日の中、あっという間に蘭島で二度目の冬を迎えました。私たちだけの力ではないなにかに突き動かされてきた一年だったように思います。この一年本当に色々なことがあったし、おこりました。今まで経験したこともないコロナ禍と…

商品もカタログできました

この未曽有のコロナウイルス禍のなかにあっても「かむかむ」の日常は続いて続いています。メンバーさんが作った制作物もどんどん増えてきています。私たちスタッフは日々感動の連続です。「こんな発想どこから出てくるのだろうか」とか、制作物の値段も自分…

この時代の中で

このコロナパンデミックの時代。どう生きるのか。確かに利用者さんたちが来てくれることで施設の収入は途絶えない。それはこの時代にあってありがたいことだ。世間はこの自粛で収入がないことも多々ある。でも新しい利用者さんが途絶えた。残念ながら我が組…

今年度やりたいこと②

地域共生が叫ばれていますが、かむかむは具体的なことをやっていきたい。 その一環として、地域の高齢者の買い物代行を職員とメンバーさんが担う ということはどうだろうか考えています。各地域で買い物代行や移動販売 が行政主導で行われていますが、ここ小…

今年度やりたいこと①(事業計画のためのレポート)

早いもので、「かむかむ」がオープンしてから6か月がたちました。 あっという間という感覚が強いのですが、世間では新型コロナウイルスという 未曽有の出来事で当事業所でも危機管理が迫られる日々を送っております。 (それとて決して無駄ではないと思いた…

どこまで行けばいいのか

やってはいけない支援という文書を読んだ。メンバーさんのエンパワメントに寄与できないやりすぎ支援。もう一つは担当が替わろうが誰でもできる支援。これを再現性がある支援というらしい。支援者の自己満足。でもどこまでがやりすぎなのか、その線引きは難…

オープン4ヶ月

かむかむをオープンしてから、4ヶ月がたちました。毎日が勉強で、まさに泳ぎの中で泳ぎを覚えている感が大です。ある程度のメンバーさんを集めなければ採算が取れない。それも工賃を年々上げていかなければ、収入は増えない。まさに新自由主義的な国の方針。…

かむかむの豆まき

今日は節分。季節季節の行事を大事にしたいかむかむ。立春の日の前日、邪気を祓う 行事をメンバーさんと行いました。

かむかむの制作物

チマチマと制作物を作っています。是非御利用ください。 かむかむの制作物です。是非手にとってみてください

かむかむ  古本屋

かむかむの主要な収入源として考えているのが古本の販売です。いただいた本たちは、メンバーさんによって美装され、データベース化されてあなたの手元にお伺いする日々を待ちます。 是非、ご自宅で行き場所を待っている本たちが有れば、lご連絡ください。本…

このブログの進み方

このブログで発信したいことは、もちろん「かむかむ」の日常。メンバーさん(僕らの事業所の利用者さんのことをこれからこう呼ばせていただきます)のあれこれ、生活のことを書いていきたいと思っています。もちろんそこには事業所を運営していくための読者さ…

エンパワメントステーションかむかむ 設立趣旨書

エンパワメントステーション「かむかむ」設立趣旨書 私たちは、生きる場である地域において障がいをもっていたり、生きづらさを感じている人びと(以下「当事者」という。)が「できる/できない」という垣根を越えて一人一人の共生の原理であるエンパワメン…

かむかむの一番新しいリーフレットができました。 リーフレット表 リーフレット裏